腰痛を改善するマットレス

寝起きのつらい腰痛。その原因は?

 

腰を気にする男性

ふだんはそれほど腰痛はないのに、寝起きにひどい腰痛に悩まれている方は多くいます。

 

寝起きに腰痛があると、顔を洗うのにも腰が曲げられず、靴下を履くのも立ったまま履けないのですからツラいですよね。

 

寝起きの腰痛は一般の腰痛とは原因が違う可能性があります。

 

いちばん可能性が高いのは睡眠中の姿勢に問題があることです。

 

仰向けの姿勢は腰に負担がかかりませんが、逆にうつ伏せの姿勢だと腰には負担がかなりかかります。

 

ですから、寝起きの腰痛を解消するには、うつ伏せ寝をやめて仰向けで寝ることがいちばんなのですが、仰向けでは落ち着いて眠れないという方もいますよね。

 

そういう方は、骨盤にゆがみがあることで、仰向けで安定して眠れなくなっている場合があります。

 

骨盤がゆがむと体がまっすぐ安定しませんし、ゆがみがひどくなれば腰痛も引き起こします。

 

仰向けで寝るのが苦手という方は、骨盤のゆがみを疑ってみましょう。

 

また、腰回りに血液がしっかり循環していないことが、寝起きの腰痛の原因となっている可能性も高いです。

 

昼間活動している時に比べると、寝起きは誰でも血液の循環が悪くなっていますが、腰痛が出る人はそれに加えて筋肉の柔軟性が低下していることが多いです。

 

筋肉が柔らかい人は、寝起きの血液循環が良くない状態であっても腰痛にまではなりませんが、ふだんから筋肉が固まってしまっている人は、血液循環が悪くなると、腰回りに十分な血液が行き渡らずに腰痛を引き起こします。

 

これを解消するには、積極的に運動して腰の筋肉を動かしてあげることです。

 

おすすめリンク!

つらい寝起きの腰痛。原因をチェックしよう

 

原因をチェック

寝起きで腰痛がひどいのは、ふつうの腰痛持ちの方と異なる原因がある可能性が高いですね。

 

以下の一つでも当てはまるようなら、ふだんの生活習慣を見直すとともに、いつも使っているマットレスを変えてみることをおすすめします。

 

まず、睡眠中、どんな姿勢で寝ているかをチェックしてみてください。

 

仰向けで寝ているという方は腰に負担がかからない姿勢なので、寝起きに腰痛がひどくなることは少ないですね。

 

しかし、仰向けでは落ち着いて眠れないという方や、うつ伏せで寝るのが好きという方は、寝ている姿勢が原因で寝起きの腰痛を引き起こしている可能性があります。

 

特にうつ伏せ寝は腰に負担をかけるので要注意です。

 

誰でも寝ている間には寝返りを打つので、一定の姿勢で朝まで眠るということはありません。

 

ですから、仰向けで眠らなければならないというわけではありません。

 

大切なのは仰向けでも横向きでもどんな姿勢でも違和感なく眠れることです。

 

仰向け、右向き、左向き、いずれかの姿勢で背中や腰、足に違和感がある場合は、寝具があなたの体に合っていない可能性もあります。

 

体に合わない寝具も腰痛の原因ですから、その場合は、マットレスを体に合ったものに変えるとよいでしょう。

 

また、腰回りの筋肉が硬くなっていることも寝起きの腰痛の原因です。

 

イスに座って体をひねってみてください。90度以上回らない場合は、腰回りの筋肉の柔軟性が低下しています。

 

血液が十分に循環するように、ストレッチして筋肉をほぐしてから体に合ったマットレスで寝るようにしましょう。

 

マットレスで劇的に変わる!寝起きの腰痛改善

 

朝、寝起きのときにかぎって腰痛がひどいという方はいると思います。

 

私はふだんは特に腰痛持ちというほど腰が痛むことはなかったのですが、いつごろからか決まって寝起きに腰が痛むようになりました。

 

寝起きで腰痛があると、顔を洗うために前にかがむのもたいへんですし、靴下や靴を履くときも立ったまま履けません。

 

そのうち、寝起きだけじゃなく、眠るときにも腰の痛みが気になるようになりました。

 

仰向けでは腰に違和感があって、体を丸めるように横向きになるか、うつ伏せの姿勢になるかしないと寝付けなくなってしまいました。

 

ただ、この姿勢では体に負担がかかっているのか、寝起きの腰痛だけでなく、ふだんから肩や首、腰に影響が出てしまい困っていました。

 

そこで整体に行って先生に相談してみたところ、アドバイスを受けたのが「マットレスが大事」ということでした。

 

体に合わないマットレスで寝ていると、腰や肩などに負担がかかって寝起きだけじゃなく、いつでも肩こりや腰痛に悩まされるようになると聞きました。

 

私はもう何年も同じマットレスを使い続けていて、かなりくたびれてしまっていました。

 

そこで、アドバイスにしたがってマットレスを買い替えることにしたのです。

 

腰痛にいいと言われるマットレスに変えたところ、その翌朝から効果が出始めました。

 

寝起きのつらい腰痛が軽くなり、日中の違和感がなくなりました。

 

1週間ぐらいで腰痛も肩こりも改善され、今では寝起きでもすっきりと過ごせています。

 

寝起きの腰痛に悩まれている方は、マットレスを買い替えることをおすすめします。

マットレスの選び方@ -寝起きの腰痛に良い高反発マットレス-

 

熟睡する女性

マットレスにはいろいろな種類があり、最近までは柔らかい低反発マットレスが非常に人気でした。

 

一方、高反発マットレスも腰痛にいいということで最近は人気が出ています。

 

どちらにも優れた点はありますが、寝起きの腰痛にお悩みの方には断然高反発マットレスをおすすめします。

 

低反発マットレスは、ウレタンなどの柔らかい素材でできていて、体重をかけるとゆっくりと沈み、体の凹凸にぴったりフィットします。

 

体圧が均一に吸収分散されるので、体にかかる負担が一転に集中しにくく、寝心地が良いのが特徴ですね。

 

ただ、体にぴったりフィットするというところが、寝起きの腰痛に悩む方にはおすすめできないのです。

 

人の背骨はゆるいカーブを描いているのが正常な状態ですが、低反発マットレスで体をぴったり包み込んでしまうと寝返りが打ちにくいですし、柔らかい素材なので体重の40%を占める腰の部分ばかりが沈んでしまいます。

 

人は睡眠中、体のバランスを整えるために寝返りを打ちますが、腰が沈み過ぎていると、寝返りを打つのに腰に大きな負担がかかってしまいます。

 

ですから、低反発マットレスではかえって寝起きに腰痛が悪化してしまうのですね。

 

逆に、高反発マットレスは、反発力が高いので腰ばかりが沈み込むということはありません。

 

首、肩、腰など体重がかかる部分をしっかり支え、一点にばかり負担がかかることを防ぎます。

 

また、腰痛の方でも楽に寝返りが打てるので、体のバランスを整えるのにも優れた効果があります。

 

以上の理由から、寝起きの腰痛にお悩みの方には低反発マットレスより高反発マットレスをおすすめします。

マットレスの選び方A -寝起きの腰痛に良い反発力-

 

マットレスは、使う人の体格、体型、筋力、体重などを考慮して、それらに合うものを選ぶ必要があります。

 

寝起きの腰痛にお悩みの方は、今使っているマットレスの品質が悪い可能性があるので、自分の体にちゃんと合っているマットレスを選びましょう。

 

また、年齢を重ねるほど筋力や脂肪量が低下していきますので、高齢になるほどマットレス選びに注意が必要です。

 

寝起きの腰痛ばかりか、節々の痛みや慢性的な肩こり・腰痛に発展してしまいます。

 

寝起きの腰痛にお悩みの方は、反発力が適度にあるマットレスを選んでくださいね。

 

一般に高反発マットレスと呼ばれるマットレスです。

 

柔らかく体が沈み込む低反発マットレスが人気ですが、これだと起き上がるときに大きな力が必要ですし、腰ばかりが沈んで寝起きに腰痛が悪化する原因になってしまいます。

 

体重の軽い方でも、起き上がりや寝返りをサポートしてくれる高反発マットレスがおすすめです。

 

ただ、一口に高反発マットレスといっても、その反発力はさまざまです。

 

自分の体重に合った反発力でなければ、腰痛の改善どころか悪化の原因にもなってしまいます。

 

そこで基準となるのが、ニュートン(N)という単位の数値です。

 

マットレスにはその硬さを表すニュートン値が表示されています。

 

40N以下が低反発マットレスで、高反発マットレスなら100N以上あります。

 

100N以上のマットレスでも、使う人の体重が違えば、それに合わせた硬さを選ぶ必要があります。

 

体重50kg以下の方なら100Nでも十分ですが、60kg以上ある方なら140N前後は必要です。

 

これを参考にあなたにぴったりのマットレスを選んでくださいね。

マットレスの選び方B -寝起きの腰痛に良い硬さ-

 

寝起きの腰痛にお悩みの方のなかには、腰痛には高反発マットレスが良いということを知っている方も多いと思いますが、人によって同じマットレスでも硬さの感覚は変わってきます。

 

私が硬いと思うマットレスでも、他の人には硬くないかもしれませんし、その逆も考えられますよね。

 

ですから、マットレスを選ぶときには、ご自分に適した硬さのものを選ぶことが大切です。

 

注意しなければならないのが、マットレスが硬ければ硬いほど腰痛に良いというわけではないことですね。

 

よく有名アスリートが高反発マットレスを勧めていますが、アスリートのような鍛え上げている人に適切な硬さは、一般の人には硬すぎることが多いです。

 

硬すぎるものを無理して使い続けても、寝起きの腰痛が改善されるどころか、ますます悪化して慢性的な腰痛に発展する恐れがあります。

 

そこで、基準となるのがニュートン(N)という数値です。

 

消費者庁では、マットレスのウレタンフォームの硬さをニュートン値で規定しています。

 

それによると、100N以上が硬め、60〜100Nがふつう、60N未満が柔らかめとなっています。

 

ですから、高反発マットレスに分類されるものは、すべて100N以上のマットレスということです。

 

また、体重による適正なニュートン値のデータも出ています。

 

それによると、女性や高齢者など体重45kg以下の軽い方には100N、一般的な体格の体重46〜80kgの方には140N、体重81kg以上ある重い方には170Nの高反発マットレスが推奨されています。

 

以上を参考に、ご自分の体重に合ったマットレスを選んで、寝起きの腰痛のつらさから解放されましょう。

腰痛の原因にもなる!へたったマットレスの危険性

 

 

最近は、布団を敷いて寝るという方より、ベッドにマットレスを敷いて寝るという方が多いですよね。

 

そのなかには、寝起きの腰痛に悩まれている方も増えています。

 

腰痛の原因はさまざまで、約30%は骨や関節に異常があることが原因ですが、残りの70%の原因はいまだに特定されていません。

 

肉体的な問題だけでなく、精神的な問題が要因となっている可能性もあります。

 

ただ、その大元はへたったマットレスにあることもけっこうあるのです。

 

寝起きの腰痛にお悩みの方は、へたったマットレスをいつまでも使い続けている可能性があります。

 

どんなマットレスにも寿命があり、同じマットレスを使い続けると徐々にへたっていくものです。

 

特に体重の約40%が集中する腰の部分からへたっていきます。

 

へたったマットレスを使い続けると、腰が沈み込んだ状態で寝ることになるので、やがて腰椎が湾曲してしまいます。

 

そうなると、寝起きだけでなく慢性的な腰痛になってしまうので、へたったマットレスをいつまでも使い続けるのはたいへん危険です。

 

夜寝る前より寝起きの方が腰痛がひどくなっているという方は、マットレスのへたりをチェックしてくださいね。

 

また、へたったマットレスは、直接的に腰にダメージを与えるだけでなく、熟睡を妨害することで精神的にもダメージを与えます。

 

熟睡できないということは、疲労が取れずストレスが溜まり続ける状態です。

 

ストレスも腰痛の大きな原因ですから、へたったマットレスを使い続けると、輪をかけて腰痛が悪化することになるのです。

寝起きの腰痛に良いマットレス@ -モットン-

 

マットレス

寝起きの腰痛にお悩みの方には、高反発マットレスのモットンがおススメです。

 

高反発マットレスは各メーカーからいろんな製品が出ており、海外ブランドの有名なものもたくさん国内に入ってきていますが、日本人には日本人のために開発されたマットレスがいちばんですね。

 

その点、モットンは、日本人の体格・体型、日本の温度や湿度を研究して開発されています。

 

ですから、寝起きの腰痛にお悩みの方も、今使っているマットレスをモットンに変えるだけで、劇的に症状が改善される可能性がありますよ。

 

モットンの特徴は、自然な寝返りが打てるように、反発力や体圧分散を計算して作られているところです。

 

また、日本は欧米に比べて湿度が高いですが、それに対応するように通気性に優れたNASA開発のウレタンフォームを素材に使っています。

 

高温多湿の夏場でもマットレスがへたることを防ぎます。

 

高反発マットレスは硬くて寝心地が良くない、という方もいるかと思いますが、モットンの寝心地は高反発マットレスなのに素晴らしく良いのでどなたにもおススメできます。

 

マットレスが体全体を包み込むように支えてくれますが、低反発マットレスのように体の一部だけが沈み込むことはなく、寝返りが非常に打ちやすいです。

 

腰痛があると寝起きに腰がだるく重いですが、モットンに変えるとそれがなくなります。

 

目覚めがすっきりするので、熟睡できない方にもおススメですね。

 

モットンを公式サイトから購入すると、2万円の割引があります。

 

また、満足できない場合は90日間全額返金してくれる制度があります。これなら安心ですよね。

寝起きの腰痛に良いマットレスA -雲のやすらぎ-

 

「寝起きに疲れが取れていない」「寝起きに背中や腰が痛む」という人におススメなのが雲のやすらぎという敷布団です。

 

寝起きの腰痛に悩む多くの人が、雲のやすらぎに変えてから症状が軽くなって、よく眠れるようになったと高く評価している敷布団です。

 

最近では、柔らかく体を包み込んでくれる低反発マットレスの人気が高いですが、実はこれは寝起きの腰痛にお悩みの方にはあまり良くないのです。

 

寝ている間は誰でも例外なく寝返りを打つものですが、これは体のバランスを整えるために必要な行動です。

 

ところが、低反発マットレスは、柔らかすぎて体が沈み過ぎてしまいます。

 

これでは寝返りを打つときに体に大きな負担がかかってしまいます。

 

それに、重心のある腰ばかりが深く沈み込んでしまうので、腰椎が湾曲して寝起きばかりか慢性的な腰痛の原因にもなり得るのです。

 

その点、雲のやすらぎは、高反発マットレスのようにしっかりした反発力があり、体の一部だけに負担がかかることがありません。

 

負荷のかかりやすい腰や肩回りの体圧もしっかり分散してくれるので、疲労が大きいときでも十分に回復できます。

 

自然な寝姿をキープしてくれるので、肩も腰もリラックスできるんですね。

 

高反発マットレスと似ている雲のやすらぎですが、折りたたんで収納できるところがふつうのマットレスと違います。

 

ですから、ベッドで寝る人だけでなく、布団を敷いて寝る人にもおススメできる商品ですね。

 

防ダニ、防菌、防臭効果もあり、干しやすい敷布団ですから、汚れやヘタレに強く長く使える敷布団として、寝起きの腰痛にお悩みの方には特におススメします。

寝起きの腰痛に良いマットレスB -ドルメオ-

 

寝起きの腰痛を改善したいという方は、その目的に合ったマットレスを選ぶことが大切ですね。

 

最近はいろんなマットレスが出ていて、どれを選べばよいか迷ってしまうほどですが、寝起きに腰痛を感じるという方は、まず高反発マットレスを選ぶことをおススメします。

 

そのなかでも、ドルメオという高反発マットレスが腰痛の方には特におススメできるマットレスです。

 

ドルメオに使われている素材は、一般的なウレタンフォームではなく、エコセルという新素材です。

 

高い反発力のある素材ですが、クッション性も優れているので、寝心地もバツグンです。

 

寝起きの腰痛にお悩みの方が特に気になる腰への負担ですが、ドルメオはその点もしっかり考慮して設計されており、体圧を均等に分散して腰にばかり負担がかからないようになっています。

 

熟睡できて夜中に目を覚ますこともなく、それでいて自然な寝返りが適度に打てるので、ドルメオで眠れば寝起きに腰痛に悩まされることもなくなりますよ。

 

ドルメオに使われているエコセルは、耐久力も十分なため、体重が重めの方でもしっかり支えてくれます。

 

また、蒸し暑い夏でも快適に眠れるように十分な通気性も確保されています。

 

低反発マットレスのように体のラインにぴったり密着しないので、汗びっしょりになることもありません。

 

どの季節でも質の高い睡眠を保証してくれるマットレスですので、寝起きの腰痛から解放されることまちがいありません。

 

これまで、他の高反発マットレスで腰痛改善の効果を感じなかった人にもおススメできるマットレスですね。